スポンサードリンク

2012年01月09日

離婚による子供の引き渡し問題/子供の心は



子供の居る夫婦の離婚によって、一番迷惑するのは言うまでもな
く子供さんです。


現在では表現は適切ではないかもしれませんが、離婚というもの
にあまりにも慣れ過ぎてしまっている感が否めません。


もしかすると、親同士は交際していた恋人同士が破局に至るよう
な感覚なのかもしれませんが、子供にとってみたらこれほど迷惑
な話はありません。


子供の心に残る傷は目には見えないかもしれませんが、相当深い
ものになります。


そんな勝手な親に振り回されて、挙句の果てに裁判所の執行官が
子供を一方の親に引き渡す「直接強制」なるものが2010年には全
国で120件も行われていたということです。


こうなると、心がある子供さんが、まるで物扱いになってしまっ
ているということになりますね。


この「直接強制」になるものが物議を醸し出しているようですが、
要は大切な子供さんを物扱いしないようにする一番手っ取り早い
方法としては、安易に離婚しないようにすることが何よりも早い
解決策なのではないでしょうか。


それくらい、現代の離婚というのは、安易に行われ過ぎていると
いうことだと思います。


正直、離婚をされた方々が、親権云々を語るのは、何か焦点が
ズレているような気がします。


自分が子供の頃に感じていた子供心を思い出してみることが、何
よりも大切なことだと感じます。



子供の強制引き渡し、年120件…家裁決定で - 読売新聞 -




posted by 鏡リョウマ at 10:56| Comment(0) | 世の中の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
グループウェアの機能

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。