スポンサードリンク

2010年11月23日

ケイト・ミドルトンとウィリアム王子との出会い



ケイト・ミドルトン【本名:キャサリン・エリザベス・ミドルトン】は
大学在学中の2001年にウィリアム王子と出会いました。


二人の出会いは、大学で開かれたファッション・ショーでした。モデ
ルとしてキャット・ウォークに立ったケイトさんに、ウィリアム王子
一目惚れされたとのことです!


このあたりの情報を気軽に報道してしまうところは、日本との文化の
差を感じますね。


2人はすぐに交際を始め、英国の各メディアも速くからそれを報道して
いました。


しかし、報道というのはどこの国でもそうなのですが、ケイト・ミド
ルトン
ウィリアム王子の報道は異常なまでに加熱してしまい、彼女
の弁護士が各メディアの報道に対して不満を言うまでの事態になった
こともありました。


その後、2007年の4月に、ケイト・ミドルトンウィリアム王子は一度、
学友という形になったと報じられましたが、その年の後半には再び復
縁して、ケイト・ミドルトンは、それ以来数多くの王室のイベントに
参加してきました。


そしてそのまま現在に至るということになっています。


出会いのきっかけとなった、ファッション・ショーですが、ケイト・
ミドルトン
はスタイル抜群名上に、ファッションセンスはあらゆると
ころで称賛されるほどで、多数の「ベスト・ドレッサー」の称号を得
ています。


その他にも、ケイト・ミドルトンさんのファッションは、タブロイド
紙や週刊誌はもとより、女性ファッション誌でも大絶賛されています。


ちなみに、「ケイト」というのは「キャサリン」の愛称で、マスコミ
に登場するまで、周囲からケイトと呼ばれた事はなかったということ
です。


本日は、イギリス王室ウィリアム王子の婚約者として世間で話題に
なっている、ケイト・ミドルトンの記事を記念として特別に書かせて
もらいました。


したがって、普段の日記とはまったく関係がない記事になっているこ
とをご了承ください。


この世紀のビックカップルが末永く幸せであることを願いつつ、本日
の記事を締めくくらせてもらいます^^





posted by 鏡リョウマ at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月09日

ペットの中毒について



食欲の秋、ということにちなんで、ペットの中毒について少し調べて
みました。


皆さんは、の食べ物に関連する中毒というと何が思い浮かぶで
しょうか。


ネギ中毒チョコレート中毒


チョコレート中毒に関しては、我が家のペットの白猫ミルクも充分
に注意をしなければいけない部分です(汗)


まぁ、パッと思い浮かぶとするのはこの辺が一般的かもしれませんね。


ネギ中毒というと、大方のペットの飼い主の方は、一度は耳にしてい
る言葉だと思います。


しかし、そうと知りつつも、この中毒の割合が実に多いのも事実なの
ですね。


それでは、ペットを飼われている方々の多くは、本当にペットをよく
可愛がられてるにも関わらず、その中毒があることを知りながらも、
なぜネギ中毒を起こさせてしまう飼い主が多いのでしょうか。


それには意外な落とし穴が潜んでいるのです。


まず、ペットを可愛がられている飼い主の方々で、中毒を起こす原因
であるネギを直接あげる方はまずいらっしゃいません。


しかし、ながら、ネギに近い食品を上げてしまうことはあるのです。


たとえば、あまり知られていなのですが、アスパラ、ラッキョ、ニン
ニク
などもネギと同等の毒物なのです。


またネギの毒は火を通しても壊れない毒でもあります。


したがって、玉ねぎやネギと一緒に煮たお肉や野菜ももちろん駄目と
いうことにもなるのです(すき焼きのお肉、カレーのジャガイモなど)。


調味料のケチャップに入ってる粒々も玉ねぎです。(これもれっきと
したネギ中毒の原因になります)


次も、もっと分かりずらいのですが、ツナ缶やソーセージなどの野菜
エキスというものにもネギ類が成分として入っていることが多いのです。


ラーメンなどのだしは玉ねぎやトンコツがぐつぐつ煮込まれていたり
しますし、チャーシューのたれ、焼き肉のたれなども同様です。


いかがでしょうか?意外に思われた方々も多いと思いますが、私たち
が日ごろ何気なく口にしている食材の中には、にとって毒物に
なるものがたくさんあるのです。


実に恐ろしいですね。


そして、ネギ中毒チョコレート中毒の他にも、グレープフルーツや
ブドウなどの果物、マカダミアナッツなどのナッツ類、キシリトール
などでの中毒もあります。


特に体の小さいなどは、ほんの少しの量でも症状が出やすく、
同じニンニク一片でも、大型のペットと小型のペットとでは、単純に
考えただけでも、数十倍の毒量の違いということになります。


また高齢なペットも中毒症状が出やすく、肝臓も腎臓も元気だった6歳
のころには耐えられても、13歳になれば解毒しきれなかったりという
ことことになってきます。


やはり、このあたりは動物も人間も同じことなのですね。


ということで、ペットの中毒についてのお話でした。


ペットを飼われている皆さんはくれぐれも注意してあげるようにして
ください。


posted by 鏡リョウマ at 23:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月22日

新たにミルクの好物を発見しました!!





本日は、シラスに匹敵するほどの、ミルク好物を改めて発見できまし
た。


それは、削りたての鰹節と、干物に近いです。


今までも、フレッシュパックになっている、鰹節は上げたりしていたの
ですが、さほど喜んで食べなくて、ミルクはそんなに鰹節が好きではな
いのかなと、思い込んでいたのですが、どうやらそうではなくて、削り
たての鰹節だと、目の色を変えて食べることがわかりました。


ようするに、フレッシュパックの状態になっている、削り節は美味しく
ないということになるのだと思います。


流石は、食にうるさいミルクだなと、感心させられました(汗)


違う言葉でいうと、ただの【贅沢者】とも言いますが・・・


それにしても、本当に贅沢な我が家のペットです。


それから、につきましては、前々から、が食卓にあると、何となく
周囲の様子を伺ったり、臭いを嗅ぐようなしぐさを見せていたので、怪
しいなとは感じていたのですが、今日、残り物を上げたところ、もの凄
い勢いで食べてしまいました。


その後も、ねだってきたのですが、鰹節も結構食べていたので、その後
は上げませんでした。


そのうちに諦めて、何処かに食休みに行きましたが、今日は偶然にも、
ミルク好物を、新たに2種類発見することが出来てしましました。




ラベル: 鰹節 ミルク
posted by 鏡リョウマ at 23:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月21日

ミルクのような動物が優れているのか、人間の方が優れているのか疑問を感じる今日この頃です

今日も、自分の仕事がいつもより早めに終了することが出来たので、早
めに帰宅すると、ミルクがいつもの通りお出迎えに来てくれていたので、
そのまま、抱きかかえて、外の散歩に連れて行ってあげました。


そして、本日は新たな取り組みとして、雑草の側に顔を近ずけてあげた
ところ、自然の本能なのでしょうか、想像していたとおり、シャキシャ
キと音を立てて、その雑草を一生懸命に食べていました。


こうした、姿を見ていると、やはり猫などの動物は誰が教えるわけでも
ないのに、お腹に溜まった毛玉を取るための方法を心得ているんだなぁ
ということを、実感させられました。


それに比べて現在の人間は、自分の身を守るための食事を見極めること
が出来ないほど、大切な本能を失ってしまっていて、生活習慣病になる
人が多いんだなぁと、感じました。


そうしたことを考慮してみると、ミルクのような動物より、人間は既に
退化しているのかもしれないなぁと思いました。


こうして、動物を観察して現代社会の人間を生活を振り返ると、本当に
人間は、今後も生き残ることが出来る種族なのだろうかと、ふと不安を
感じたりする今日この頃です。
ラベル:ミルク
posted by 鏡リョウマ at 23:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月20日

ミルクの満足そうな表情が理解できました

本日も、昨日に引き続き、ミルクを外に連れていってあげることが出来
ました^^


そうして、昨日と同じくらい、外でミルクと過ごしていたですが、その
時にふと気がついたことがありました。


それは、以前に比べてミルクの表情が分かるようになってきたような、
気がしました。


それか、ミルク自身がそのような微妙な心の変化を伝えることが出来る
ようになったのか、それとも、こちらがミルクの反応に敏感になっただ
けなのかは、正直なところはわかりませんが、確かに喜びの表情や、欲
求不満の表情が何となく分かるようになった気がしました。


確かに犬のように、はっきりとした表現を猫のミルクはしないのですが
、微妙ではありますが、満足をしている雰囲気などは、顔の表情で見て
いると分かるんです。


まぁ、欲求不満の時などは、身体でも表現するのですぐに分かるのです
が、今回のように満足している時の雰囲気までが、はっきりと理解でき
たのは今回が始めてでした。


ということで、今回の休日はとても、ミルクと楽しい有意義な時間を過
ごすことができました^^



ラベル:ミルク
posted by 鏡リョウマ at 23:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
グループウェアの機能

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。